マッチングアプリを始めたらコミュ障が改善した話

どうも、タクです。

 

今日は僕の実体験を話していきます。

 

僕はマッチングアプリで浜辺美波似の可愛い彼女を作ったのですが、

元々女性経験ほぼ0の状態で

マッチングアプリを始めました。

 

女性経験ほぼ0なので、

・女性と何を話せばいいのか?

・女性がどういう話に興味があるのか?

・どんなことを話したら喜んでくれるのか?

 

なんて分からなかったし、

喋ることすら苦手でした。

 

女性と話すのは緊張していたし、すぐに沈黙が訪れるし、

テンパって変なことを言ってしまうのです。

 

いわゆるコミュ障だったんですね。

 

しかし、そんな僕でも彼女が欲しいという強い気持ちがあったので、

勇気を出してマッチングアプリを始めました。

 

 

結果、僕はコミュ障を改善できたし、

話すことが好きになり、

 

女性から「話していると時間を忘れるほど楽しい」

「次はいつ電話できるかな?また電話したい」

「今日は楽しかったよ!ありがとね」

 

と言われることも増えてきました。

 

 

こんなことを女性から言われるのは人生で初めてだったので、

承認欲求が超満たされたし、自信も付きました。

 

ということで今回は、僕がどんな経緯で

コミュ力をつけたのか、語っていきますね。

目次

女性経験少ない…。大丈夫です。

女性経験が少ないからこそ、

マッチングアプリをすることをお勧めしています。

 

というのも、ネット上の出会いなので、

リアルで会って話すことよりもグッとハードルが低いからです。

 

女性経験が乏しい人が、

いきなり女性と対面で話すことは辛いと思いますが、

マッチングアプリの場合、チャットからやり取りするので

ハードルが鬼低いです。

 

 

・チャットで話す段階

・電話して話す段階

・デートして直接話す段階

 

この3つの段階がありますが、

女性慣れしていなくて、コミュ力に自信がないなら、

まずはマッチングアプリで「チャット」を続けることで、

徐々に慣らすことができるのです。

 

 

慣れたら次の段階に進めばいいだけです。

 

 

実際に僕も、最初は女性とチャットすることから始め、

「この人となら話せそう」と思った人と電話をしていました。

 

で、そこでも電話することに抵抗があるならば、

また少しずつ慣れていけばいいのです。

 

段階を踏んでいけばいいのです。

 

昔の僕みたいなコミュ障が、ナンパするとか、

職場先の人に話しかけるのは中々ハードルが高いです。

 

 

コミュ障で、女性経験が少ないからこそ、

その分数をこなして”慣れる”ことが必要なので、

その点マッチングアプリって便利だなと思うし、

実際に僕自身がこの方法でコミュ障を改善しました。

 

 

僕自身が実際に変われたので、

どんな人でも変わることができることはわかっています。

 

 

だから以前、

女性と話すのが怖いと言っていた大学の友人に

マッチングアプリを勧めました。

 

・彼女なんていらない

・別に女性と話せなくても困らないじゃん

 

といったことを最初言っていましたが、

今では手のひらを返して女性と毎日連絡のやりとりをしています。

 

「女と話すのマジ楽しーーー!!!」と言っています。

 

女性経験を増やすことって大事で、

女性経験が少なろうと、コミュ障だろうと

彼女が欲しいなら、始めるハードルが低いマッチングアプリがマジでお勧めです。

僕はとにかく電話しまくった

僕はとにかく電話しました。

 

多い時では1日5人と話しました。

タイプじゃない女性だろうと、とにかく電話しました。

 

実際に会ってデートするとなると、

時間も金も無駄に使うことになりますが、

”女性慣れ”という意味で電話だけはしました。

 

おかげで、女性と話すことに抵抗は無くなりましたね。

 

・恋愛に対する価値観

・何を話せばいいのか?

・女性が男性に求めていること

・女性はどんな話題が好きなのか?

・どんな展開が一番話が盛り上がるのか?

 

などなど、女性を攻略する上で必要なことを学べたし、

女性と話すことに段々慣れてきたので、

 

「女性慣れしてそう」とか

「結構遊んでるでしょ〜?」と言ったことを女性に言われるようになりましたね。

 

”女性慣れしてそう”と思われたら勝ちです。

女性慣れしている=女性にモテてている。という思考回路が女性の中にあります。

 

 

で、「この人とならデートできそうだな」とか、

「この人とは共通点があって直接話せそう」

と思う人はデートに誘って、実際に会って話すようにしていました。

 

電話で話すのと、直接話すのでは難易度は別物ですが、

この話は別の機会にお話しします。

 

とにかく、段階をこなして慣れていくことが大事ってことです。

 

コミュニケーションも慣れです。

スポーツや仕事と同じです。

 

最初は苦手意識を持っていたり、自分にできるのかが不安だけど、

慣れていけば、できるようになります。

 

コミュ障が特別なわけではありません。

数って大事。最初は失敗上等

まずは質より量です。

 

特にコミュ障の時は、人と話すことが大事なわけで、

人と話すらしなかったらいつまでも改善はしません。

 

 

とにかく数をこなす。チャットでも電話でもいいので女性と話す。

人と話す。

 

で、こんな時どう返せばいいんだろう?と考える。

考えることによって、その分鍛えられるので、

あなたは一歩先に進みます。

 

で、マッチングアプリなら沢山の女性がいるし、

その女性で失敗してもリアルで出会うことなんてないのですから、

どんどん失敗してもいいです。

 

最初は失敗していいんです。

上手に話せないことなんて山ほどあります。

 

僕が実際にその経験をしてきて悔しい思いをしました。

 

で、辛い思いをしましたが、

マッチングアプリで出会った知らない女性に嫌われても

別に良いのでノーダメージでした。

 

あなたもそうだと思います。

 

職場先の女性を口説いて、失敗し気まずい関係になったり、

嫌われたらダメージでかいですが、

ネットで出会った女性に嫌われようがどうでもいいですよね。

 

その点心理的ハードルが低いのかなと。

 

ひと昔前は、マッチングアプリなんてなかったので、

コミュ障を改善したくてもできなったと思います。

 

でも、今はインターネットという便利なものができて、

家にいても女性と出会うことができるし、話すこともできる。

 

せっかく便利なものがあるのですから、

活かして欲しいなと。

 

 

ということで、マッチングアプリで

コミュ障を改善した経験があるタクのオススメ改善法でした。

量と質に自信あり。レポートを無料プレゼント中です

最後までご覧いただきありがとうございます。

僕の経験と、出会った女性の意見を基に
アプリで最短で女性と出会える方法をまとめた
『マッチングアプリ攻略レポート』
を無料メルマガ登録の特典として、配布中です。
本来はnoteで2,980円で販売していますが、
無料でお渡ししています。

メルマガを登録した方からは、
今までアプリを入れて2年経って2人しか出会えませんでしたが、
このノウハウのおかげで既に5人と会話できています。

といった報告や、

30代の方が、アプリ開始1ヶ月半で彼女を作ったという
報告もいただいています。

感想を沢山頂いているので、 一度目を通してみてください。
→無料プレゼントの確認はこちらから
シェアお願いします!
  • URL Copied!
目次
閉じる